留学の出発前にするべきことは?

留学に行こうと考えている人は学生だけでなく社会人やシニアの方まで幅広くいる言われています。費用が安くなったことに加えて、東南アジアの英語圏にも留学先が広がったことなどが大きな理由だと考えます。この留学というシステムをできるだけ有意義に使い、自分の血肉にするためには、どのような姿勢で臨むべきなのでしょうか。ここでは留学先が決まって出発までの期間にするべきことを書きたいと思います。まず何よりも、”英会話”の経験をできるだけ多くしておくことが大切です。どれだけ難しい単語や文法を知っていても、現地に着いたときに話すことに奥手であっては、知識だけで終わってしまうからです。多少ぎこちなくとも、こちらから積極的に話す習慣を身につけておけば、わからない単語や文法も教えてもらうことができます。ただし、「将来英語小説の翻訳家になりたい」とか「語学としての英語を研究したい」というような明確な目的を持っている方にとっては、読み書きなどの文章力を身につけることが優先的かもしれません。仕事や日常生活で英語を活かしたいと思われる方はやはり”会話”の学習に重点を置いて、現地での学習をできるだけスムーズに進められるようにしておきたいです。